サンリーフ合同事務所
西宮市の土地家屋調査士、司法書士事務所です。土地建物の調査、測量、境界、相続など登記のことはお任せください。
サイトマップ
Home 土地に関する登記 土地の測量 建物に関する登記 事務所概要 リンク
土地の測量


境界がわからない お隣りさんとの境界がわからない
境界が不明なために近隣の方とトラブルになることがよくあります。境界が不明なためにブロック塀の造り替えができなくて困る場合や、造り替えたのはいいけれど、工事完了後に境界が間違っているなどとしてトラブルになる場合もあります。そのため、境界の確定を行ってからブロック塀を建てることをおすすめします。また、お隣りさんの屋根や木の枝が越境している気がするが、境界が不明では、そもそも越境しているかどうかを判断できません。
トランシットで測量します 土地の面積を確定したい、測量してほしい
土地の面積(地積)は、その土地を囲む全てのお隣りさん(道路を含む)の境界線が確定して初めて公に正しい面積といえます。そのためには、測量したうえで法務局(登記所)や市町村役場などにある図面を参考にして立ち会いし、お互いが承諾して登記する必要があります。登記することにより、法務局(登記所)で登記簿謄本(全部事項証明書)や図面(地積測量図)が公開されます。これにより、第三者にも土地の正しい面積や形状を主張できますので、固定資産税の払い過ぎなどの問題を解決することができます。
境界標について知りたい
境界標は、現地で境界がどこか把握するための大切な目印です。金属製の矢印が入ったプレートやコンクリートの杭などをご存知でしょうか。プレートや杭は、公に境界が確定した証といってもいいでしょう。境界標について生じる問題には、道路工事などで剥がれてしまうこと、ブロック塀の建て替えなどで埋まってしまうことがあげられますが、これは実際にもよくある問題です。でもご安心ください。一度登記して図面(地積測量図)を法務局(登記所)に備えつければ、そこに記載されている数値(座標)から元の場所に復元できます。境界復元は、土地家屋調査士にお任せください。
このページの先頭へ

Copyright(C) 2018 akihiro-suzuki All Rights Reserved.
ホーム / 土地に関する登記 / 土地の測量 / 建物に関する登記 / 事務所概要 / リンク / サイトマップ